フィンジアの効果で3ヶ月で生えた!使い方と口コミ

薄毛の原因

薄毛の原因を知ると、育毛の効果を高めることができます。
薄毛の原因も一つだけとは限りません。
複数の原因があることも。

 

複数の原因があったときは、ラッキーかもしれません。
原因を一つずつ減らせば、薄毛を改善できるかもしれないからです。
薄毛の原因を知って、体質改善することは
薄毛だけでなく、カラダも健康になります。

 

不健康なカラダだと、薄毛になりやすい。とも言えます。

 

血行不良

髪の毛の成長に必要な栄養は血液によって運ばれます。
血行が悪いと栄養が不足し、薄毛となっていきます。

 

頭頂部は血行が悪くなりやすいのです。
わかりやすい例として、サザエさんのお父さんの波平さん。
頭頂部は禿げていてますが、耳のまわりと後頭部には髪があります。

 

耳のまわりと後頭部にはリンパ節があるので、髪の毛に栄養が行き渡ります。

 

頭頂部の頭皮は、重力によって下へ引っ張られ、垂れ下がっていきます。
垂れ下がることにより、頭頂部は突っ張った状態になり、硬い頭皮へとなっていきます。

 

硬化した皮膚は、細胞組織や毛細血管が減少します。
血管が減るので、栄養も少なくなります。
栄養が少なくなるので、髪の毛は抜けやすくなります。

 

血行の良い耳の周りと、頭頂部を触ってみて比べてみてください。
硬さの違いがわかります。

 

硬くなってきた頭皮には、マッサージが効果的です。
下がってきた頭皮を持ち上げるようにマッサージをすると効果があります。
フィンジアを塗ったあとは、入念なマッサージが発毛の近道です。

 

タバコは血管を収縮させます。血行が悪くなるので
喫煙はきっぱりとやめましょう。

 

頭皮環境

頭皮環境とは、髪の毛が作物なら、頭皮環境は畑です。
荒れた畑では、作物は育ちません。
頭皮環境が荒れる原因は、脂、汚れです。

 

皮脂の役割は、頭皮を乾燥から守るため、つまりは保湿が目的です。
乾燥がすすんだり、ストレスなどを受けることでも皮脂は過剰に分泌されます。

 

過剰に分泌されて皮脂は、キチンと洗い落とさないと髪の毛に悪さをします。
毛穴、頭皮に残った皮脂が48時間以上経過すると、皮脂は過酸化脂質へと変質します。

 

過酸化脂質は、ニオイ、かゆみ、抜け毛の原因となります。
ですから、皮脂を落とせるシャンプーが重要な役割を果たします。

 

皮脂が増える原因
  • ストレス
  • 食事
  • 喫煙、飲酒
  • 運動不足

 

ストレス

ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れます。
自律神経には、神経の働き、ホルモンバランスの調整をしています。
免疫力の低下、病気しやすくなったりします。

 

自律神経のバランスが崩れると、髪の成長サイクルに乱れが出て
休止期で止まってしまい、新しく毛髪が生まれずに薄毛になります。

 

食事

栄養バランスの悪い食事が続くと、髪の毛の成長に必要な栄養が摂れずに抜け毛が進みます。
栄養バランスの悪い食事とは、ラーメン、揚げ物、カップラーメン、コンビニ弁当、ファストフードなど。
これらを食べる機会をへらすして、野菜、魚などを意識して食べるといいです。
髪の毛の成長を助けてくれる、アミノ酸、亜鉛、ビタミンを多く含む食品を取るようにしてください。
難しい方はサプリメントで栄養補給するのが、お手軽簡単でオススメです。

 

喫煙、飲酒

喫煙は血管を収縮させる作用があります。
血管が縮んだら、血行は悪くなります。
髪の毛に栄養が届かなくなります。

 

飲酒については、血行を良くする作用、身体者を活発にする作用がありますが、
問題は飲み過ぎ、です。
過度な飲酒は、肝臓、胃など臓器にダメージを与えます。
臓器がダメージを受けると栄養の供給が少なくなり、髪に十分な栄養が届かなくなります。

 

なんでも、『すぎ』は良くアリません。

 

運動不足

運動不足は肥満、血行不良を招きます。

 

運動といっても、軽いウォーキングで十分なので継続することが薄毛にならない為の1歩となります。
運動不足から肥満、メタボになってしまいます。
メタボとは、内臓肥満・高血糖症・高血圧症・脂質異常症のうち2つ以上併発した状態。

 

内蔵肥満は、髪への栄養が届きにくくなります。
高血糖症、高血圧症は血行が悪化しますので、やはり
髪の毛へ栄養が届きにくくなります。

 

まとめると、
タバコは吸わず
規則正しい生活
栄養バランスの摂れた食事
適度な運動
少量の飲酒

 

といった、優等生的な生活であれば、薄毛の原因とは無縁になれます!
ムリ!と思う方も多いですよね。
できることからでいいと思います。

 

ラーメンが趣味の方は月1に減らすとか。
でも、タバコは全面的に止めたほうがいいです。

 

トップページへ

page top